top of page

おめでとう(#^^#)

ゲーテの元同僚の話です。


ゲーテで仲良くしていた元同僚のM先生(男)。

ハンガリー出身で、少数民族に属していて、母国語がハンガリー語とドイツ語という特殊な環境に生まれた人です。


しばらくやり取りをしていなかったのですが2023年に本当に偶然に連絡を取ることに。

もう数年一切連絡していなかったのですが、本当、何か運命だったのでしょう。


子供がもう一人生まれて、子供が2人になったこと

仕事の事

プライベートな話

色々話をしたのですが、その流れで「定職に就きたいけど難しい」と言う話に。

これ、もう15年以上彼が抱えている悩みでゲーテにいる時から色々挑戦しているのも知っていたのですが、子供も2人目ができたということと、ゲーテが来年閉めるということで結構深刻に悩んでいました。


「なかなか難しいよね~」ということでその日はお開きに。

ドイツ語の定職って本当に難しい。

特に、日本でハンガリー人がドイツ語??となると多分ほぼ皆無です。

彼は京大とか関大とかでも非常勤で教えているし、経験も豊富なんですがやっぱり「ハンガリー人」と言うところは大きいんですよね。。。。論文もあんまり書いてないし。


しかしその会話から2~3日たって、仕事の登録会社の求人情報を見ていたら・・・

○○大学で、ドイツ語の専任講師の募集が。

ネイティブ限定。


「あ、これだ」


となんか「これ以外はむしろない」くらいな感覚でその求人広告が飛び込んできました。


で、即M君に連絡。


M君も「応募したい!」ということで履歴書を私が日本語を添削して(これで書類通貨)、面接の模擬レッスンをして(一次面接通過)、再度提出資料を添削して(最終面接通過)

で、

なんと、○○大学に正式に採用になりました!!!


本当、うれしい!!

きっと沢山大変なこともあるけど、でも彼ならうまくいくでしょう。


この職は5年限定。(大学では普通)

でも努力すれば必ず定職が得られるはずです。それにそうなるだろうな、と思っています。


特集記事
この言語で公開された記事はまだありません
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page