top of page

広島お好み焼きをドイツ語で説明しながら作る!

ふふふ♡


今日の授業は一風変わったものです(#^^#)


そう!日本食をドイツ語で説明しながら作る!という企画!

今回は第1弾!広島お好み焼きです(*´▽`*)


生徒さんが広島出身で、広島のお好み焼きの話になり、「ドイツ語で説明しながら作ったらそういう感じ?」ということから発展してできたコーナー(?)(#^^#)


生徒さんが広島焼きセットを広島から取り寄せてくださって、そして実現したものです(#^^#)ありがとうございます!


授業の最初に料理の単語や作り方をドイツ語で説明して、いざcooking!



まず下の生地を薄くクレープ状に引いて、その上にキャベツを大量に、そして天かす、もやし、ネギをかけてその上に豚の薄切りバラ肉をのっけます。そしてその上に生地をうっすら乗せて、ひっくり返して蒸らします。

麺を別のフライパンで焼いておいて、面の上にお好み焼き本体を乗せて、さらに焼きます( *´艸`)



卵も別のフライパンに乗せて焼いて、お好み焼き本体をその上に乗せます!


移動回数が多い!


で、蒸らして、ソースを塗って完成!!



断面図



こんなセットで売っているのでドイツなどに気軽に持って行って、みんなでパーティーしても面白い(#^^#)


ドイツ語で説明しながら作るのは本当に大変で、でもめっちゃ面白いです(#^^#)


次はドイツ料理!作って楽しみながらドイツ語覚えていけたらいいですよね!!


みなさん、今日は色々ありがとうございました(#^^#)

またしましょうねー!!

Komentarze


特集記事
この言語で公開された記事はまだありません
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page