top of page

求められる仕事

委託でお仕事を(ドイツ語を教える仕事)いただいているのですが、そこで教える人は基本「3か月以内にドイツに行く人」です。

そして毎日受講してくださる方もいれば週に2回の方もいらっしゃいます。

そんな短期間・短時間で何が習得出来て、ドイツで困らないようにできるのか。

本当に腕の見せ所だと痛感しています。


例えばビジネス目的の方に「duで会話ができるようになりましょう!」は違いますし、妻帯者の方が「Sie」ばかり練習していても違う気がしますよね。


短時間でのレッスン。

捨てなければならないところ、押さえとかないといけないところ、見極めが重要です。


自分のポリシーを少し曲げてでも生徒さんの利益につながればそれは私の本望です。

曲げれないところは曲げないですけどね!


昨日Kちゃんと話していて、そして授業をしていて感じたことをつらつらと(#^^#)




Comentarios


特集記事
この言語で公開された記事はまだありません
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page