ジャーマンカモミールのお話


ジャーマンカモミールはとても有名なハーブですが、ナチュラルコスメの世界ではどのように使用されるのでしょうか?

ハーブティー:

お花の部分を取って生でも、乾燥してもいいのでお茶にしていただきます。甘くリンゴのような香りがします。鎮静作用、神経を落ち着かせる、発汗、保湿作用があります。また胃腸にも優しいので、夜寝る前にカモミールティーをミルクで割って飲んでもいいでしょう。

ハーブ水:

カモミールの花を摘み、蒸留します。すると!なんと青いオイルが現れます。これは有名なアズレンという成分です。このアズレン、強い抗炎症作用があるので、炎症が激しいお肌にぴったりです!

化粧水、石鹸、クリームに使用します。

ただし、カモミールの花粉部分に反応してアレルギーが起こることがあるので、必ずパッチテストをしてくださいね!

ハーブチンキ:

お花の部分をアルコールにつけます。花なので30-55%のアルコールにつけるか、もしくは70%のものにつけます。私は常に70%のアルコールにつけます。化粧水で保存兼エッセンスとして使用します。抗炎症作用が期待されます。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by roter faden