セントジョーンズワートのお話


セントジョーンズのお花

セントジョーンズワートはドイツではとてもポピュラーな植物です。6月24日(聖ヨハネの日)に取られる花はとても効力が強いと言われています。日本ではドイツより1か月ほど早く収穫の日を迎えます。毎日お花を取っていると蜂達とのバトルです!

さて、効能ですが、セントジョーンズワートは外用、内用ともにとても重宝するハーブです。

外用:セントジョーンズワートオイル(後述)を肩こりや、筋肉痛に、また日焼けややけどを治すのを促進してくれます。

内用:抗鬱、気持ちを明るくしてくれる

セントジョーンズワートオイルは花のみを使用し、オリーブオイルに6週間漬け込みます。するとオイルが真っ赤に!!セントジョーンズワートの有効成分でもあるヒぺリシンの影響です。

セントジョーンズワートオイル

まだオレンジですが、これが本当に真っ赤になります!

そしてそれを使って持ち運べるバームを作ります。

特集記事