verのつく動詞

今日の授業でverのつく動詞の意味は何ですかー?と聞かれて、いくつかお答えしたのですが、ここできれいにまとめておこうと思います(^^♪


verのつく動詞はよくvorの動詞と間違えて覚えられています~

例えばvergessen⇒vorgessenとかと覚えられています××


vorは前置詞でもあるので【前】という意味だとすぐ推測できるはずですが、verは前置詞がないのでわかりにくいですよね💦


いくつか例を出しながら説明していきますね!


① 物事の対照となるもの

例)verkaufen (kaufenの対照)/ vermieten(mietenの対照)等々 


この動詞に対しては対象の動詞と合わせて覚えましょう!


②うっかり、ミス、間違って

例)sich verlaufen(道に迷う)/ sich versprechen(言い間違える)/ sich verschlafen(寝過ごす)/verpassen(うっかり逃す)等々


こういう動詞に対しては多くの場合sich(4格)がつきます。


③ver+形容詞

例)sich vergrößern(増える)/ sich verkleinern (小さくなる)/ veralten(古くなる) 等々


もちろんすべての形容詞につけるわけではないですが、大きさ、質量等々表すときはこういう形式がとれることがあります。


④場所の変更

例)versetzen(移す)/ verpflanzen(移植する)


他にも色々ありますが、このカテゴリー自体を覚えるのが大変!だと思いません?

私はver動詞の説明をするときは上記4点くらいに絞って説明します。


ver動詞を見たら是非是非上記点に注目してみて下さね!




特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by roter faden